ASUS C200クロームブックで、ターミナルソフト

ASUSのC200クロームブックを購入したのですが、日本語キーボードでないことを除いて満足しています。キーボードの記号は他の日本語キーボードの配置を見ながら入力すれば日本語入力は出来ます。ブラウザとして使う限り何の不都合もありません。パソコンではターミナルソフトでRS232C端末代わりに使うことがあるのですが、それは可能なのでしょうか。USBシリアル変換ケーブルが使えて、ターミナルソフトが見つかればそれは達成できます。どちらも問題なく出来ました。

画像クロームブックには、USBシリアル変換ケーブルのようなUSBデバイスはどのように使用するのでしょうか。ドライバなどは見かけません。Linuxマシンでは、USBドライバは全て内蔵されていて、USBケーブルを差し込むだけで使えるようになります。そこで、一度差し込んでみることにしました。その前に、ターミナルソフトが入手できるかが気になります。クロームブックでは、「Web Store」によってアプリなどがダウンロードできるので、その中で、「Chromeアプリ」として「TERMINAL」を検索してみました。その結果、「Diginow serial Terminal」というアプリが見つかりました。これを起動して、USBシリアルケーブル(/dev/ttyUSB0)を選択すると接続できますが、まだUSBシリアルケーブルを差し込んでいないのでデバイスが現れません。クロームブックは電源を入れたままで、USBシリアル変換ケーブルをクロームブックのUSB端子に接続しました。何のメッセージも出ないようですが、ここで先のターミナルソフトを立ち上げました。すると左側の列に/dev/ttyUSB0がでています。これをクリックすると、接続されたとメッセージが出ました。
デバイス名から見て、Linuxと同じようなカーネルになっているようですが、もしそうなら、使うと思われるUSBのドライバは全てOSに内蔵されていることになります。使うときには、USBコネクタを差し込むだけになります。使用したUSBシリアル変換ケーブルは、サンワサプライのUSB-CVRS9をいうケーブルですが、そのほかのケーブルでも使えると思います。











サンワサプライ USB-RS232Cコンバータ USB-CVRS9
サンワサプライ
2002-09-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンワサプライ USB-RS232Cコンバータ USB-CVRS9 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ASUS C200クロームブックで、ターミナルソフト" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント