ID-5100Dの動作確認

いつも机の上にあるのですが、あまり電源を入れていないID-5100Dです。使い道は近くにあるD-STARレピータにアクセスするために使っています。DVモードのデュアルワッチもできるのですが音声は片方だけです。あまり使わないと使えなくなっているといけないので、ちょっと電源を入れてみました。何事もなく「ピッ」と音がして受信状態になりました。たまには使ってみないといけないなと思いました。

画像普段から机の上にあるのですが、最近はほとんど電源を入れていなかったID-5100Dの電源を入れてみました。少し大きめの「ピッ」という音がして受信状態になりました。近くのD-STARレピータを使うために使用するため、アンテナは超簡易型ですが送信してみるとレピータからの応答がありました。前はどうだったか忘れたのですが、受信の信号レベルはほとんどありません。しかし、「BUSY」が点灯するので音声の復調は可能です。また、送信もMIDの15Wで届いています。D-STARでは、季節によって信号レベルが変化し、よく受信できるときもあれば、ほとんど受信できなくなることもあり、今はそのような時期なのかもしれません。MIDパワーではそれほどでもありませんが、HIGHの50Wにすると、空冷ファンが回ってパワーが出ているぞと誇示しているようです。温度が上がったのでファンが回ったのではなく、電流が多いとファンが回るようになっているようです。HIGHパワーで送信したら、近くにあったパソコンのDNS情報がおかしくなり、再起動しないとページが開けなくなりました。最近、パソコンの動作が不安なことがあります。







この記事へのコメント