テーマ:書評

「スティーブジョブズー偶像復活」東洋経済新報社

スティーブ・ジョブズ-偶像復活  原題を「iCon Steve Jobs、 The Greatest Second Act in the History of Business」というタイトルで、「iCon」とは、コンピュータのデスクトップの、プログラムを示す小さな画像であるとともに、「偶像」とも訳されます。私にとっては、偶像は、「ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPHONEショック(日経BP社)

iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり  ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)という言葉をよく耳にします。アップル社製品を手に入れて使い始めてそれを経験することですが、実際にはもっと深い意味があります。アップル社の製品は、予想していたよりもそれを上回る機能、操作性、満足感を与えてくれ、一度使って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPODをつくった男(アスキー新書)

iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス (アスキー新書 048) (アスキー新書 48)  今や携帯音楽プレーヤを持たない人のほうが少ないのではないかと思われるほど、携帯音楽プレーヤとりわけiPODは普及しています。iPODを開発した男として、スティーブ・ジョブズを評価し、アップル社でのこれまでの行動から、なぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more