ドラクエⅩで、アンルシアと王家の迷宮へ

ドラクエⅩを始めて何ヶ月か経つと、利用券の使用期間ごとにアイテムなどがもらえるのですが、450日の利用期間が経つと、セクシーギフトやグレースギフトなどの、勇者姫アンルシアに衣装を渡せるアイテムがもらえます。ちょうど450日ごろにそのようなものが必要になるのかと思ったのですが、現状の進行状況ではまだまだ必要になっていません。初めの頃にのんびりやっていたので遅れているのかと思い、少し時間を取ってシナリオをすすめてみました。王家の迷宮に行くときに必要です。

画像オンラインゲームは、「目覚めし五つの種族」の頃のように、どの街のクエストを解決してもよく、いくつかのクエストを解決するうちに条件が整い、エンディングに進めることができるようになっていくものと思っていましたが、「眠れる勇者と導きの盟友」に入り、レンダーシアに渡ってメルサンディー村、セレド町、アラハギーロ王国を巡って、グランザドーラ城に進むようになり、シナリオがひとつらなりになり、順番に進めていくようになりました。ひとつが解決すると次へ進むことが出来るようになっています。そのため、利用券が450日を経過して、勇者姫アンルシアに対して渡す衣装が手に入るようになっても、何かのクエストをクリアするというわけには行きません。シナリオを順番に進めて、王家の迷宮が解放されるクエストをクリアしなければなりません。公式ガイドブックを見ると、すすめるべきクエストが順番に示されていますが、今やっているクエストよりもだいぶ先のクエストをクリアしなければならないことがわかります。魔物を倒してレベル上げをするだけでも楽しいのですが、やはり、シナリオに沿ってすすめたほうがよいと思いました。そこで、何日か時間をとってクエストをどんどん進めることにしました。今は3キャラクタコースを選んでいるため、キャラクタが3人ありますが、その中で一番進んでいるものを進めることにしました。一日掛けてもひとつの街でのクエストが終わるかどうかですが、話がどんどん進んでいくと、物語としてどのような宿命が待ち受けているかなどがわかってきます。始める前には、レンダーシアに渡り、3つの蝶を集めてグランゼドーラ城へ進むことが出来、勇者姫の記憶を取り戻して、魔勇者との対決をしてグランザドーラ城に戻ってきたところでした。そこでスタンプカードをもらって、「目覚めし五つの種族」のクエストのうちクリアしていないクエストなどをすすめることでスタンプカードが埋まっていくところでした。そこから再びメルサンディー村、セレド町、アロハギーロ王国を巡ってクエストをすすめていきます。
王家の迷宮が解放され、勇者姫アンルシアとともに戦うことになるのですが、まだまだレベルが低くて、レベル上げをしながら輝石のベルトなどのアクセサリを集めていくことになります。王家の迷宮は3つの戦いの場が待ち受けていて、初めに200秒の時間が与えられています。その間に、魔物を倒していき、倒した数によって次の戦いの場での与えられる時間が決まります。魔物を倒す数が少ないと、次の場で時間が足りなくなり迷路が抜けられなくなります。3番目の場所でボス級の魔物と戦い、ひとつの階がクリアできます。階は全部で13階あり、最初は1つの階のみが挑戦できます。
毎週、15個の勇気の輝石が得られるので、1回の挑戦で3個使用するので、毎週5回以上挑戦できます。王家の迷宮の目的は、勇者姫アンルシアのレベル上げで、レベルが上がるごとにスキルポイントが得られて、得意技なののスキルをあげることが出来ます。ここで上げたレベルにより、この後に挑戦するクエストで勇者姫アンルシアとともに戦う場合に戦うことになり、剣や盾や衣装などを与えておくとそれも反映されます。
ドラクエⅩの楽しみは、魔物を倒して経験値を積んでレベル上げしていくことだと思っていましたが、シナリオをすすめるだけになってしまった「眠れる勇者と導きの盟友」のシナリオで、レベル上げを再び楽しむことが出来るようになっているようです。なかなか難しくて、腰アクセサリの輝石のベルトを手に入れることが出来ませんが、これにより全てのアクセサリがそろうことになります。









ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
スクウェア・エニックス
2014-08-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





この記事へのコメント