ASUS C200クロームブックで、USBヘッドセット

ASUSのC200クロームブックのUSB端子には、特にドライバを用意しなくても接続できることがわかったので、だいぶ以前に購入したUSBヘッドセットを接続してみました。USBヘッドセットといっても、USBに接続する部分がサウンドカードのようになっており、3.5φのジャックによってMicとイヤフォンを接続するようになっています。いつもこのUSBアダプタの部分だけを使ってサウンドカードの代わりに使っているものです。USBに差し込むとすぐにラジコの音声がイヤフォンから聞こえてきました。

画像USBに接続してヘッドフォンとマイクが使えるようになるヘッドセットですが、USBからイヤフォンとマイクのオーディオ信号に変換する部分と、3.5φのマイクとイヤフォンによるヘッドセットに分かれています。すでにだいぶ前のものなので製造が終わったようなのですが、ヘッドセットにはA648、USB変換部分にはA-5572Cと印字されています。メーカーはロジクールとなっています。単なるサウンドカードと考えてよいと思います。これをUSB端子に差し込むと、特にドライバを読み込んだなどのメッセージはないままに、ラジコの音声が、スピーカからヘッドセットに切り替わりました。他の音源などを再生してもヘッドセットから聞こえてきます。なんだ簡単だと思いましたが、ヘッドセットにはマイクもあります。マイクが使えるかどうかは、サウンドレコーダのようなアプリが必要になります。そこで、「Web Store」により、「RECORDER」を検索してみました。「アプリ」を指定して検索したところ、「AudioRecorder」というアプリが見つかりました。これは、マイクから入力した音声を記録し、WAVファイルとして保存できるものです。早速試してみましたが、確かに録音できているようです。これでヘッドセットが使えるようになりましたが、「Skype」のようなアプリがあるのかは不明です。カメラも付いているのであってもおかしくはありませんが、今回は見送りました。










この記事へのコメント