PSVitaの、クレードルでビデオクリップ鑑賞

PSVitaは、画面も広く、有機ELのきれいさが際立っているのですが、PSStoreからビデオをダウンロードしてみるとき、手で持ってみるのは不便でした。PSPなどでも購入したのですがPSVitaにもクレードルがあります。クレードルに立てかけてビデオを再生すれば見やすく、また、充電をしながら見ることができるのでバッテリー切れを気にすることがなくなります。残念ながら、ビデオケーブルをつなげて大画面テレビなどで見ることはできなくなったようですが、有機ELが6インチと大きいので問題ないでしょう。

画像携帯ゲーム機を見るとどうしてもビデオや音楽のプレーヤに見えてしまいます。ゲームにのめりこむためには、画面の迫力と音質のよさが必須なので、ビデオや音楽プレーヤとしても十分な機能を持っています。音楽は、コンテンツ管理アシスタントでコピーしてありましたが、ビデオをコピーする方法として、ウケトルネを使って、トルネで録画した地デジの番組をコピーする方法と、PSStoreからビデオクリップなどをダウンロードしてくる方法があります。ビデオクリップ以外にも、ビデオのレンタル(期間限定のダウンロード)もあるようですが、今回は、プレイステーションネットワークカードを3000円しか購入しなかったので、いずれ購入することにして、今回は見送りました。
PSStoreのビデオのジャンルでは、ミュージックなどを選ぶと5分ほどのビデオクリップを購入することができます。5分ぐらいが一回で見るのに適当なのでしょうが、内容に注目しているとすぐに終わってしまうような気がしました。

PSVitaをクレードルに装着すると、ちょうど見やすい角度になります。クレードルにはUSB端子があり、充電ケーブルを接続することで、ビデオを再生中や、電源を切ったときに充電することができます。ビデオクリップでは5分ぐらいなので充電がなくなることはあまり気にすることはないのですが、レンタルのビデオなどを再生するような場合には、充電しながらでないとバッテリーが常に気になってしまいます。PSPやPSPgoのクレードルでは、ビデオケーブルをクレードルに接続することで大画面テレビなどに表示を切り替えることができましたが、PSVitaにはその機能はありません。UMDディスクがなくなってUMDビデオなどのコンテンツがなくなりテレビで鑑賞することがなくなったためでしょうか?
同様の設置状態で、音楽再生をすることができます。音楽再生は20分以上も再生が続くこともありますが、スクリーンセーバにより、画面表示は消えて音楽のみの再生となります。なお、クレードルにはビデオ出力の端子はなくなりましたが、オーディオ出力の端子があります。アクティブスピーカを接続しておくと、システムソフトの1.5以降では、自動的に切り替わります。ただし、ブルートゥースなどで再生しているような場合には切り替わらないようです。

今回は、ビデオのレンタルは試して見ませんでしたが、ビデオクリップのダウンロードなどを試しました。そのほかにアニメなどもダウンロードできるようです。
携帯ゲーム機が、音楽プレーヤのようなコンテンツプレーヤの機能を持ち続けることがコンテンツソフトの普及へつながると思います。CDやDVDなどのようなメディア販売も続いていってほしいと思いますが、ITunesなどのようなコンテンツ販売も確実な基盤を築いていってほしいとおもいます。携帯ゲーム機はそれを担っていると思います。




クレードル (PCH-ZCL1J)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2011-12-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クレードル (PCH-ZCL1J) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント